スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ガラスのハート

私が小学生5年生の頃。
当時、吹奏楽部的なとこに所属していました。
私の担当は、コルネット。トランペットのような感じのものです。
パートも第一パートという、言わばAKBで言うセンター的な位置ですね。
さらに先輩がいるにもかかわらず、その先輩を出し抜いてのソロパート。


完全に天狗状態。
楽しくて楽しくて、毎日の筋トレも全然苦ではなかった。


が、いつも通りの練習をこなす、ある日のこと。


10d0d62d02.png
「ずっと気になってたんだけどさ」
みーしゃん
「なんです?」
10d0d62d02.png
「なんで、お前楽器吹く時さ、眉間にシワよるの?wwwwよりすぎwwぶははははは!」



顧問の先生が私の顔を盛大に笑ったのです。
最初は、まあ、眉間にシワ寄ってる自分なんて見えないし、そんなにか?と思ってました。

しかし、その日を境に私が楽器を吹くのを見ては顧問の先生が私の顔マネをするのです。
徐々に私のガラスのハートは、氷結らんげきを何度も何度もくらうが如く、ガシャンガシャンガシャンという音と共に砕けていったのでした。
fc2blog_20141214170557832.jpg



もう、小学生6年になる頃には部活を辞めました。あんなに好きだったのに。


※以下、話がフィクション混じります。ちなみに上記の出来事はノンフィクションです。


fc2blog_201412141716150d8.jpg

まこ
「みーしゃん、いつまでも砕けたままではだめだぞ」
みーしゃん
「兄さま・・・!!わたくしの心はもう・・・粉々ですわ!」
まこ
「よし。俺が鍛え直してやる!!!ついてこい!!」
パパスおうじ
「僕も腹違いの弟だけど、一緒に手伝うよ!!」
みーしゃん
「おうじっくす!!!」
パパスおうじ
「みーしゃん思いのおうじだよ」


そんなボロボロのみーしゃんを鍛えあげてくれると言ってくれる、兄と腹違いの弟。


そして向かった先は・・・。


fc2blog_20141214171807294.jpg

真デフェルでのランプの魔人で「タルトレシピ」狩り。
相場は5万くらいです。
なかなか出にくい、このレアレシピを取ることと、無駄にHP高いし強いランプのまじんを相手に強靭なハートにするため、赴きました。

みーしゃん
「兄さま・・!!!!こんなサディスティックな敵と戦えと言うのですか!!!!」
みーしゃん
「こんな・・・!!こんなの無理ですわ・・!!また心が砕けてしまうわ!」
パパスおうじ
「やる前からこんなんか。やれやれだぜ」
まこ
「みーしゃん」
みーしゃん
「はい」
まこ
「がんばれwww」

ということで、私のハートを強くするためにサディスティックな修行が始まります。

fc2blog_20141214172335883.jpg

おうじっくすが盗み、私が呼ぶ。

AからLまでひたすらやり続ける。

fc2blog_20141214172524be1.jpg

そして、ただただ見守る兄。

決して手は出さない。
動かぬこと、岩山のの如し。

常にズッシードかかってます。

fc2blog_20141214172759b8e.jpg

みーしゃん
「こびん」
まこ
「wwwww」
まこ
「もう1セットいってこい」

fc2blog_20141214172937544.jpg

サディスティックな兄。

サディスティックなランプのまじん。
またA~Lまでひたらすらに、盗む、呼ぶ。


お友達のしぴーちゃんが駆けつけてくれて、応援してくれます。
炸裂する、ひっさつの嵐。


fc2blog_20141214173304d97.jpg


炸裂する、ひっさつ。

みーしゃん
「いいねえ!」

場のテンションを上げる、みーしゃん。


fc2blog_20141214173502980.jpg

みーしゃん
「メダル」
まこ
「wwww」
まこ
「もう1セット。諦めるな」
みーしゃん
「ひぃ・・!」

fc2blog_201412141736498c8.jpg

fc2blog_20141214173737664.jpg

どんなに弱音を吐いても助けを求めても、岩山の如く動かない兄。

なんという、サディスティック・・・というよりスパルタ・・。
私たちのことを完全にあざ笑ってます。

しかし、私たちにはもう盗む、呼ぶ、あたる。

これしか選択際がありません。
最初はあんなに絶望だった、ランプのまじん。
不思議と苦もなく、さらっと倒せるようになっていました。




だけれども。




fc2blog_201412141742102f8.jpg

みーしゃん
「こびん」
まこ
「wwww」
まこ
「よし、これラストで出して顧問見返そう」
みーしゃん
「やれる気がするわ!!!!!」
パパスおうじ
「みーしゃんを支える、縁の下のおうじだよ」

fc2blog_201412141744321f5.jpg



ぶぉおおおおおおっ!!!
やれる!やれるよ!!!


みーしゃんの気持ちはどんどん高まります。

いくつものまじんを相手に、合計100匹以上も倒して。(当たり前っていわれたけど。)
おうじっくすとのコンビネーションもばっちり。

fc2blog_201412141744345b8.jpg


確変演出っ!!?
期待度かなりアップ!!?


さまざまなアクションが折り重なり、画面も通常より輝いています。


もしかしてこれは、出たんじゃないか?!
大当たり?!







たるるーと!!!!
まちがえた。興奮しすぎた。








たると・・・・・!!!!!!!







fc2blog_20141214175328655.jpg


慰めのでこちゅー。
確変ならず。

みーしゃん
「こびん」
まこ
「おつかれ」
パパスおうじ
「(バザーで買ったほうが良かったんじゃないか?」


こうして長きに渡る、サディスティックなスパルタ修行は終わりを迎えたのでありました。


fc2blog_201412141800585ee.jpg

みーしゃん
「兄さま。タルトはでなかったけれど、わたくし。あの頃よりは強靭なハートになった気がするの」
まこ
「成果はあったか」
みーしゃん
「ええ。兄さまのおかげで、どんなことを言われても決してめげない。そんな強靭なハートを手に入れたわ!!」
まこ
「おお・・・!!!よくぞ言った。さすが妹だ。俺のサディスティックに打ち勝つとは」
みーしゃん
「伊達に兄さまの妹なんてやってなくてよ!!!!」
パパスおうじ
「みーしゃん思いのおうじだよ」
みーしゃんまこパパスおうじ

「あははははは!!!!!」

また一段と兄妹愛が深まった、そんな日でもありました。

終。




あの、まあ。何が言いたかったかと言うと。
私、料理職人でレベルも上がって、依頼にタルトが出てくるようになって、まあ持ってなくておうじもタルトレシピ持ってなかったので、一緒にやってたんですが一行に出なくて、まころーるさんが途中でサポもってきてひたすら応援してくれて、でも全く出なくて、2時間弱やったのに一切出る気配がなくて途方に暮れて不貞寝しましたよ、と。
それが言いたかっただけです。


ただ、それだけ。
おうじっくす。リベンジしますか?バザーで買いますか?

ブログランキング参加しています!!みなさん、最後まで読んで頂いたのならば、ぜひクリックを。
そしたら、がんばれるから!!!クリックしてくれたらがんばれるから!!

人気ブログランキングへ
コトネ作画のみーしゃんです。書いてくれてありがとう!
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

合唱部の話がなかったです!!!!!!!!wwwwwwwwwwww
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

★みーしゃん★

Author:★みーしゃん★
オルフェアのマッシュルーム地区 5179丁目
最近、引越しました~。

ドラクエ大好きエルフ娘。
メインは魔法使…いえいえ僧侶です。

死なない僧侶になりたいです。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX

line
最新記事
line
ツイッター
ツイッターをやっています。 ツイッターでフォローする
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。